「正確な時間がわかればいいんじゃない?」「そこが機械式のロマンなんだ」趣味に理解が無いのは仕方ない?いや、そんなこと無いはず。

皆さんこんにちは、アストです。

今回は、男女間でありがちな「実用」と「ロマン」の対立に関する個人的な意見を述べたいと思います。

 

と言うのも、ついこの間ツイッターでこんなツイートがリツイートされて来ました。

車は走ればいいんだから軽自動車で十分でしょと言う女へ。

化粧できればいいんだから化粧品は100均で十分でしょ。

要約するとこんな内容のツイートでした。

化粧は身だしなみのレベルの話なので、この比較はどうかと個人的には思いますが…

リンクにしてもいいんですけど、少し品性に問題のありそうなお方でだったので、皆さんの気分を害さないためにはばからせて頂きました。

 

とはいえ、こんな対立は男女間に関わらずよくあると思います。

「自分が楽しめないものは理解できないし必要ない」と言う意見は、理解出来ますし、なんなら至極真っ当な意見であるとも思います。

自分が楽しいものだけで自分を囲むことが出来れば人生楽しいでしょう。

自分の楽しみに理解の無い人とは関係を絶って、理解があって一緒に楽しめる人とだけ楽しめばいいのですから。

 

ただし、それは関わりの少ない他人との間の話。

人生を共にすると決めた家族や、長い時間を一緒に過ごす恋人となら、そう簡単には行かないでしょう。

簡単に関係を絶つことも難しいので、説得や理解を求めるために話し合ったりすることになるかと思います。

 

ここからは私の意見です。

私の一番大きな主張は「趣味の前に相手を十分楽しませることが出来ているのか。」と言うところ。

 

「走るなら軽自動車でいい」「時間がわかるなら電池でいい」

そもそもこんな主張をする女性が多いのは、「パーツ買ったからお金がない」「時計買ったからお金がない」とか言ってデート代やプレゼント代をケチる男性が同じくらい多いからであると思っています。

「そんなところも理解してくれるのが恋人」だとか思っていますか?

そんなクソ甘ったれた考えだから趣味に理解の無い女性が増えるんです。

 

女性も同じです。あなたは「趣味よりも優先したくなるほどいい女」ですか?

相手を理解する努力やサポートもせずに、相手の優しさに甘えて増長していませんか?

わがままばかり言って相手に迷惑をかけていませんか?

男の方がフラれてしまわないか不安になるようないい女なら、趣味よりあなたを優先して貰えるはずです。

 

結局のところ、相手は他人です。

あなたと一緒にいるのは、自分が楽しいものだけで自分を囲むことが出来れば人生楽しいという理論の一部だと言うことをちゃんと理解すべきです。

相手を楽しませることが出来ないのなら、あなたは相手にとって絶つべき人間関係の一つになります。

相手を生涯の、少なくとも今現在のパートナーであると考えるなら、自分の主張ばかりせずにまず相手に施すことが大切です。見返りは求めてはいけません。

それでも相手の態度が変わらなかったり、むしろ調子に乗って増長してしまうのではと思うかもしれませんが、人間誰しも自分に優しく無い人間には優しく出来ないものです。

皆さんも、騙されたと思ってトライしてみて下さい。きっと相手の態度も変わるはずです。

 

 

それでもうまく行かないと思い悩むようなら、本を読んでみるのもいいかと思います。

私が過去に読んでよかったと思う書籍をリストアップしておきますので、一読をオススメします。

特にオススメなのは「嫌われる勇気」です。アドラーは心理学と言うより哲学に近いものを感じます。この書籍の内容を心がけるようになってから、人生がスッと軽くなりました。ゆうきゆうさんの漫画はこれをわかりやすく解説してくれるので、サクッと知りたい方にオススメです。

「異性の心を上手に透視する方法」もオススメです。人にはそれぞれ感情タイプというものがあり、それの合う合わないは人間関係において非常に大切なことなんです。それをわかりやすく解説した上で、自分と相手がどのタイプなのか診断できるので、今後の友人や恋人選びの参考になりました。

 

以上、アストでした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA