アスト時計探しの旅(ドレスウォッチ編)

皆さんこんにちは、アストです。

前回の「アスト時計探しの旅@銀座」に引き続き

今回はドレスウォッチ編です。

 

秋の時計購入に向けて、私注目のドレスウォッチを紹介したいと思います。

 

1本目は

ヴァシュロンコンスタンタン「パトリモニー」です。

袖にすっぽりと隠れる超薄型の40mmケース。

バーとパールの究極にシンプルなインデックス。

秒針すら廃した2針レイアウト。針の形状も全く飾り気がありません。

ムーブメントは手巻きで、全体を通して、時計としては最も格式高い様式になっています。

カラトラバと並んで時計の王様と言えるかと思います。

三大雲上ブランドの一角はやはり別次元の品格ですね。

 

続きまして、2本目は

ブレゲ「クラシック5157」です。

薄型38mmケース。

ギヨシェの施された文字盤とローマインデックス。

青焼きブルースティールの2針ブレゲ針。

ムーブメントは自動巻にになっており、実用性も高いです。

まさにブレゲと言った感じの意匠ですね。

基本的にはシンプルで格式高い印象ですが、ブルースティールやギヨシェによって華やかな印象を与えます。

飾りがあるので「パトリモニー」程の品格はありませんが、より豪華で華やかな印象を与えたい方にはとてもいいですね。

 

3本目は

グラスヒュッテオリジナル「パノリザーブ」です。

中心から左側にズレたオフセット文字盤、右側にはパワーリザーブとパノラマデイトがあります。

先ほどの2本程の品格はありませんが、遊び心のある非常に楽しい時計であると私は感じています。

オフセットされているためユニークな印象ではありますが、基本的にはスモールセコンド型3針デイトです。

インデックスもシンプルなバータイプ。

ケースは40mmで、手巻き式ムーブメントなので薄型です。

ただ、パノラマデイトが入っているため、先ほどの2本程の薄さはありません。

この時計の最も注目すべきは、ムーブメントの美しさです。

装飾付きダブルスワンネック緩急針、チラネジ付きテンプ、ブルースティールネジによる3点ねじ止めゴールドシャトン。

正直ステンレススティールのモデルに施される装飾じゃないですよ本当に!

グラスヒュッテオリジナルも知る人ぞ知る優良メーカーなので、ユニークな文字盤レイアウトももちろんのこと、美しいムーブメントと合わせて自分のこだわりをアピールしたい方にいいですね。

 

最後は

IWC 「ポルトギーゼ ハンドワインド エイトデイズ」です。

IWCの自社製手巻きムーブメントが搭載されたポルトギーゼの手巻きモデルです。

43mmケースで厚さは12mm。

八日間のパワーリザーブを備えた実用的なモデルです。

細長く伸びたリーフ針とアラビアインデックスで、ポルトギーゼの特徴的な意匠です。

6時位置にスモールセコンド、3時位置にデイト表示があり、標準的なスモールセコンド型3針デイトのレイアウトですね。

時計自体は非常に綺麗で視認性も良く、長いパワーリザーブは実用的。

どちらかというと庶民的でフレンドリーなドレスウォッチと言ったところでしょうか。

ただ

ドレスウォッチの割にやたら大きいケース。

手巻きなのに無駄に長いパワーリザーブ。

面白みの無いレイアウト。

ドレスウォッチ的な「品格」を求める場合は、少しつまらない時計かなと個人的には思いますね。

 

いかがでしたでしょうか。

以上が、現在私が注目しているドレスウォッチ達です。

やはりドレスウォッチはシンプルで格式高いのがいいですね。

以上、アストでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA